NTT-GP
HOME

ホーム

会社概要

会社概要

経営方針
事業内容

環境エネルギー部

環境マネジメント部

ビジネス企画部(準備中)
プレスリリース

プレスリリース
会員企業向け

会員企業向けページ(準備中)
お問合せ

お問合せ
 
環境マネジメント部
環境経営コンサルティング
 
 
  環境報告書とは、企業(事業者)が行っている環境に関する取り組みをステークホルダー(利害関係者)に向けて情報開示・提供し、環境保全に関する方針・目標・計画、環境マネジメントに関する状況(EMS、法規制遵守、環境保全技術開発など)について取りまとめられたものです。


1. ステークホルダー(利害関係者)に対する企業の説明責任の履行
2. リスクコミュニケーションの手段
3. 企業評価への対応
4. 規制対応
5. 従業員への説明





事業者が環境保全への取り組みの状況を広く社会に公表することにより、その事業者に対する理解を深めてもらい、さらには双方向のコミュニケーションを図ることにより、社会的な信用を得ることもできます。「環境報告書」という場合には、当該事業者の環境問題に関する考え方、取り組み内容、取り組み実績等、さらには将来の目標等が体系的に取りまとめられたもので、これらを公表し、誓約することにより、広く社会との環境コミュニケーションを行う意図が明確化されていることが必要です。

環境省の調査(環境にやさしい企業行動調査)によると、上場企業、非上場企業の合計で環境報告書を作成公表している企業数は、平成9年度が約170社であったのに対し、平成13年度は約850社となっており、急激な増加がみられます。

NTTジーピー・エコは、環境会計と事業活動における環境への負荷の状況や、環境対策の状況を適切に評価した環境報告書を作成いたします。

  ページトップ