NTT-GP
HOME

ホーム

会社概要

会社概要

経営方針

環境方針
コンサルメニュー

環境経営センシング

エネルギー資源循環

導入実績ISO22000
プレスリリース

プレスリリース
会員企業向け

会員企業向けページ
お問合せ

お問合せ
 
センシング
花粉情報システム

>「花粉情報システム」トップページに戻る

■花粉情報システムの活用パターン?B 情報サイトの差異化


花粉情報システム 課題
課題

サービス(サイト)の差異化がしたい
広告効果の高いセグメントへアプローチしたい
広いユーザ層にとって有益な付加価値を提供したい

花粉情報システム 活用方法
活用方法

天気・エリア・路線等地理的な情報サービスへの付加情報として提供。利用者は旅行や出張、通勤、家族での外出、デート、訪問営業など、色々なケースでウェブの情報サイトを利用します。ポータルサイトはもとより、特定分野の情報サイトでも、高度な花粉情報を提供することにより、訪問者のロイヤルティを獲得することができます。
同時に広告出稿が期待できるコンテンツとして活用。花粉情報を閲覧する必要のあるセグメントに対する広告も打ちやすく、アクセス情報の価値も上がります。




花粉情報システム こんなビジネスに
例えばこんなビジネスに

汎用ポータルサイト 活用実例: hi-hoヘップチン花粉予報
地理、エリア情報サイト
医薬関連情報サイト
健康・育児情報サイト
屋外スポーツ・娯楽情報サイト
旅行・宿泊案内サイト など


■お問合せ

  • 電話:03-5910-7910 (環境エネルギー部:担当 渋井)


>「花粉情報システム」トップページに戻る
もどる ページトップ


| お問合せ | プライバシーポリシー |