NTT-GP
HOME

ホーム

会社概要

会社概要

経営方針

環境方針
コンサルメニュー

環境経営センシング

エネルギー資源循環

導入実績ISO22000
プレスリリース

プレスリリース
会員企業向け

会員企業向けページ
お問合せ

お問合せ
 
センシング
花粉情報システム

>「花粉情報システム」トップページに戻る

■花粉情報システムの活用パターン?E プロスポーツ選手の花粉対策


花粉情報システム 課題
課題



プレイヤーが花粉症などアレルギー体質の場合、試合会場や練習環境の状況でパフォーマンスレベルが大きく落ちる可能性がある。


花粉情報システム 活用方法
活用方法

アスリート本人やマネージャー、チームが事前に移動先の花粉予測をたてる情報源として活用。ニューヨーク・ヤンキースの松井秀喜選手やボストン・レッドソックスの松坂大輔選手をはじめ、毎年花粉症に悩まされているプロアスリートは少なくありません。試合会場や練習環境のピンポイント予測で対策を完璧にすることで、被害を最小限に抑えることが勝利につながります。




花粉情報システム こんなビジネスに
例えばこんなビジネスに

プロスポーツ
 −チーム
 −選手個人
 −スポーツ・マネジメント、エージェント会社


■お問合せ

  • 電話:03-5910-7910 (環境エネルギー部:担当 渋井)


>「花粉情報システム」トップページに戻る
もどる ページトップ


| お問合せ | プライバシーポリシー |