HOME > お知らせ > NTTグループ初のエネルギーマネジメントシステム(ISO50001)認証を取得

お知らせ

2017.04.17

NTTグループ初のエネルギーマネジメントシステム(ISO50001)認証を取得

NTTジーピー・エコは、2017年3月27日にエネルギーマネジメントシステム(Energy Management System)の国際規格であるISO50001の認証を取得しました。これはテナントオフィスおよびエネマネ事業者(※1)としては先駆的、NTTグループで初の認証取得となります。

【背景】

パリ協定が採択され、世界的にエネルギー管理の関心が高まる中、温室効果ガス排出量やエネルギーコストの削減が求められており、当社としても、それらの削減に取り組んでおります。
 そこで、テナントオフィスでは認証事例の少ないISO50001の取得にチャレンジし、国際規格に則ったエネルギーマネジメントシステムを構築しました。

【導入の効果】

初年度は、詳細な計測とエネルギー使用状況の分析をもとに目標を設定し、無線個別調光照明制御システム(FIT LC®※2)などを用いた省エネ施策に全員で取り組み、クラウド型BEMS(FIT BEMS® ※3)などを活用しエネルギーを見える化しマネジメントすることで、土日夜間におけるエネルギー削減に大きく貢献し、当社オフィスにおいて昨年度比約20%の電力使用量削減を達成しました。
 今回の取組を通じて、国際的なエネルギーマネジメントのノウハウやエネルギーの体系的な運用管理を身に着けることが出来ました。さらに副次効果として業務改善にもつながっています。

【今後の展開】

2年目以降もエネルギーモニタリングのデータベースの活用を図り、施策の立案、実施を繰り返しPDCAを回すことでパフォーマンス向上をめざします。
 また、培われたノウハウやソフト・ハード両面での施策を、ISO認証コンサルやエネマネ事業者として省エネルギーソリューション提供へ展開することにより、お客様の省エネルギーだけでなく、業務改善・働き方改革、意識向上にも貢献するサービスを提供します。

PAGE TOP