環境配慮商品

コンクリート構造物内面の異常探査業務 [GPレイ]

概要

 遠隔(最大100m)から、赤外線テクノロジーであるGPレイを用いてコンクリート構造物内面の異常(剥離・空洞・漏水・滞水等)の発見を行い、補修工事最小化や構造物延命化に貢献する業務でCO2排出、コスト、時間の大幅削減が可能です。

1.遠隔からの構造物壁面(剥離・空洞・漏水等)の発見

2.屋上の漏水箇所等の発見

実物写真とGPレイ画像を重ね合せると滞水箇所の発見ができ,補修工事の最小化・構造物の延命化が達成可能です。

用途

コンクリート構造物(ビル、学校、住宅、貯水タンク等)の外壁や屋上等のコンクリート内面の異常(剥離・空洞漏水等)部の発見及び補修工事の最小化や構造物延命化提案支援業務

価格

高所作業車や足場等が必要な場合と比較して
CO2排出量・コスト・時間が 1/2 〜 1/10程度 (個別見積致します)

 

この件に対するお問合わせ

NTTジーピー・エコ株式会社
ビジネス企画部
TEL:03-6436-3940
 

ホーム > 環境配慮商品 > コンクリート構造物内面の異常探査業務 [GPレイ]