地球温暖化対策

省エネ法(荷主)に係るコンサルティング

貨物の輸送に関する省エネ活動が義務化

平成18年4月1日に改正省エネ法が施行されました。これにより、貨物輸送に要するエネルギーの削減を目的として、輸送事業者に貨物の輸送を委託する事業者(荷主)にも、新たに省エネ活動の義務が課されることになりました。

具体的には、全ての荷主に対して、自社の貨物輸送量を把握し、貨物輸送に関する省エネ活動を実施することが求められます。さらに年間の貨物輸送量が3,000万トンキロを超える荷主は“特定荷主”となり、国に対して貨物輸送の省エネ活動に関する計画書及び実績の報告書を定期的に提出する事が義務付けられました。

NTT-GPエコのコンサルティング・サービス

どのように対応したらよいかお困りの方へ NTTGPエコがお手伝いします!(NTTグループ会社にて算定実績済み)
?@全事業部様向けご説明会の実施:担当事業部様へ改正省エネ法「荷主」に係る措置についての説明会を行います
?A輸送量の把握方法のコンサルティング:業務の実情に合わせた輸送量の把握方法をコンサルティングいたします。
?B算定貨物のデータ集計:対象貨物についてデータの集計を行います。

関連サービス

 

この件に対するお問合わせ

NTTジーピー・エコ株式会社
環境エネルギー部
TEL:03-6436-3930
 

ホーム > 地球温暖化対策 > 省エネ法(荷主)に係るコンサルティング