モニタリング

花粉情報システム

NTTジーピー・エコの花粉情報システムの特長

NTT環境エネルギー研究所が開発したリアルタイム花粉センサ花粉飛散シミュレータにより、国内でも類を見ない2km四方エリア毎という細かさでスギ花粉の飛散量とその変化を1時間単位最長48時間先まで予測、またリアルタイムの状況レポートを提供します。これにより、花粉の飛散状況を手に取るように、詳細に見ることができます。

花粉情報の流れと主な用途

活用パターン

花粉関連商品のマーケティング・ツール
エリアマーケティングやシーズン販売予測用データ、プロモーションサイト、販促チラシなど
商品力の強化(GIS/GPS機器・サービス)
娯楽施設情報や渋滞情報などとは違う切り口で、広いセグメントに対し有用な情報を提供
情報サイトの差異化
情報サービスへの付加情報として提供、フォーカスを絞った効果的な広告スペースの提供
活用実例:hi-hoヘップチン花粉予報
放送用コンテンツ
シーズン中は天気情報や渋滞情報に匹敵する注目度の高い情報をもとに、スポンサーがつきやすい番組に
自治体や商業施設の利用者ロイヤルティ強化
地域住民への有益な情報提供
プロスポーツ選手の花粉対策
試合会場や練習環境のピンポイント予測で花粉対策を完璧に
 
 

ホーム > モニタリング > 花粉情報システム